ホーム > タグ > レシピ

レシピ

ホットビールの作り方

冬は温かいお酒を飲むと、身体があたたまって、ほっとしますよね。その代表格のホットワインを飲んだことのある人は多いと思いますが、多くの人がホットビールは、まだ試したことがないのでは? 15世紀から18世紀には、スパイスと砂糖を入れて温めたビールを飲むのが人気だったそうです。

材料:

  • ビール:360〜500mlくらい
  • 卵黄:1個
  • 砂糖:小さじ2
  • ショウガ:1つまみ(すりおろしたもの)
  • ナツメグ:1つまみ
  • シナモン :1つまみ
  • ハチミツ:小さじ1

作り方:

  1. ビールを小鍋に入れて、スパイスを加え、弱火か中火で温めます。沸騰したら火を小さくしてください。
  2. ボールに卵黄を入れて砂糖を加え、泡立て器で砂糖と卵黄を加えて、白くなるまでかきまぜます。できれば温かいビールを小さじ2ほど加えて温めておきます(こうすると卵黄をビールに加えた時にスクランブルエッグ状態になりません)。
  3. 「2」で作ったものを小鍋のビールに加え、5分ほど加熱し、お好みでハチミツを加えます。

できあがったホットビールは、ホットワインにサイダーが加わったような味。重い感じはありません。もし、ビールがあまり好きじゃなくて、冷蔵庫の中にビールが余っていたら、ぜひホットビールを作ってみてください。

ツイートツイート

あったかい飲み物を一工夫しておいしく作る

どれも意外とおいしくいただけます。お試しください。

  1. フリスクを2、3錠+紅茶
  2. おろしショウガ(小さじ2分の1)とハチミツ(大さじ1)+紅茶
  3. 市販のアイス+紅茶
  4. ココア+緑茶
  5. ココア+ペパーミントティ
  6. ココア+アールグレイ
  7. ココア+フレーバーティー・キャラメル
  8. ココア+フレーバーティー・バニラ
ツイートツイート

喉と咳に効くレモン&ジンジャードリンクの作り方

寒い日が続き、風邪が流行っていますね。
研究者によるとハチミツ、特にそばの花のハチミツは咳止めシロップ以上に咳止めの効果があるそうです。
それに、多くの医者が水分をとることを勧めるので、このレシピはとても役立つはず。

材料

  • しょうが少々
  • レモン1/2
  • はちみつ小さじ1杯

作り方

  1. 大きめのマグカップにしょうがを1センチ程度すりおろして入れる。
  2. レモンを搾り果汁を入れる。(好みで皮も入れる)
  3. ハチミツを加え、沸騰したお湯を入れて混ぜ合わせ完成。

これをたくさん作りおきしておいて、朝に飲むのも風邪の予防、対策に効果的だと思います。
ぜひこのレシピを試してみてくださいね。

ツイートツイート

おいしい紅茶を作る技「5ステップ」

普段、紅茶を入れる時に使える、おいしい紅茶の入れ方をどうぞ。

  1. お湯の温度
    紅茶の場合、紅茶のおいしさを構成する成分を抽出するため、5円玉大の泡がグラグラ煮えたぎるほどの熱湯がベスト。ちなみに、日本の水は紅茶に合う軟水なので水道水で十分なのだとか。
  2. 食器
    ポットやカップなどを事前に温めておく。あくまでできるだけ熱いお湯で紅茶を抽出することが目的なので、ポットで作るときはポットを、直接カップで抽出するときはカップを、少量のお湯を全体に行き渡らせるように温める。
  3. ティーバッグの使い方
    おいしい紅茶を作るなら、1杯(200ml)につき“1ティーバッグ”がで作る。ティーバッグは短時間で色・味・香りをしっかりと抽出できるよう、特別に製造されたものなので。
  4. 抽出の仕方
    ティーバッグを強く動かすと、おいしい成分より先に色だけが出てしまう。抽出のポイントは「ティーバッグは動かさずに、フタをして最低1分間」。
  5. 飲み方
    熱湯で紅茶を作ったら、自分の心地よいという温度まで待つ。ミルクティー好みの人は、ここで冷たい牛乳を加えるのがベスト。ミルクティーのミルクは温めないのが鉄則
ツイートツイート

おいしいスパイシーカフェオレを作る技「6ステップ」

休日、のんびりと読書するときにでも入れたいカフェオレのおいしい入れ方。

材料:

  • コーヒー粉:計量スプーンに山盛り2杯(200cc分)
  • 牛乳200cc
  • グラニュー糖20g
  • シナモンパウダー2振り
  • クローブパウダー2振り
  • 黒コショウパウダー2振り

作り方:

  1. カップにスパイスと砂糖を入れる。コーヒーは抽出しておく。
  2. 牛乳を小鍋で温め、泡だて器を左右に振って泡立てる。
  3. [1]にコーヒーを半量注いで混ぜ、温めた牛乳を勢いよく注ぐ。
  4. 鍋に残った牛乳の泡を、カフェオレの表面に静かにのせる。
  5. カップの端にできた茶色い泡を、小さなスプーンですくい…
  6. 白い泡の上にのせてスマイルマークなど好きな絵を描き完成。
ツイートツイート

おいしいコーヒーのドリップ技「7ステップ」

普段、コーヒーを入れる時に使える、おいしいコーヒーの入れ方をどうぞ。

作り方:

  1. フィルターの端2辺を互い違いに折る。フィルターの端はプレスしてあるだけなので折って強度を増す。ドリッパーから飛び出さないよう折幅で調整を。
  2. サーバーにのせたドリッパーに沸騰した湯をたっぷり回しかけて器具やカップを温める。これはコーヒーの香りや味を損なわないための重要なポイント!
  3. 器具を温めた湯を捨て、紙フィルターをドリッパーにセット。計量スプーン(すりきり1杯10gが1人前120cc)でコーヒー粉を分量分ドリッパーに入れる。
  4. ドリッパーを軽く左右に振って、コーヒー粉の表面を平らにする。中央が盛り上がっていると均一に湯が回らず、粉を十分に蒸らして膨らませることができない。
  5. 一回目の抽出は、粉の中央から渦を描くように少しずつゆっくりと湯を注ぐ。湯は粉に染み込む程度。端まで注ぎ終わったら砂時計またはタイマー(3分)をセットし、20秒蒸らす。
  6. 2回目からは粉の中央に湯を注ぎながら、やかんを軽く上下して細かい泡を出す。泡が出たら、その周りをゆっくり一周。ここで“うま味”が出るので湯はたっぷりと。
  7. 3回目からは白く細かい泡が消えないうちに【6】の要領で湯を注ぐ。徐々に湯量を減らし、計5~6回、3分間かけて抽出。人数分抽出できたらドリッパーを外す。
ツイートツイート

おいしいビールを飲む技「5ステップ」

喉越しのいいおいしいビールの飲み方をどうぞ。

  1. グラスの選び方
    ビールをよりおいしくするグラスの黄金比は、口径と高さの比が1:2。ロックグラスのような背が低いものでは泡が立ちにくく、高すぎると泡が立ち過ぎてしまう。もちろん、ビールの特性に合ったグラスを選ぶのが一番だが、一般的なビールでは“1:2”のグラス。
  2. グラスの洗い方
    油汚れを落としたスポンジで洗うと、油がグラスに残ってしまうことがあり、これが泡が早く消える原因になる。また、あらって布巾などで拭かずによくすすいで逆さに伏せて自然乾燥すれば、手の脂も付いていないピカピカグラスが出来上がる。
  3. 冷やし方
    ビールの飲み頃の温度は6~8℃。よくグラスを「冷凍庫」に冷やす人がいるが、反対に冷やし過ぎは味がにごったり、味がわかりにくくなる。缶ビールもグラスも「冷蔵庫」で冷やすのがオススメ!
  4. 注ぎ方
    極意は、“3度注ぎ”。

    1. 勢い良く注ぐ1/2程度注ぐ
    2. 泡が落ち着くまで待つ
    3. 泡を持ち上げるようにゆっくり2/3まで注ぐ
    4. 泡が落ち着くまで待つ
    5. 最後に泡が盛り上がり「理想的なビールと泡の比率 7:3」なるまで注ぐ
  5. 飲み方
    日本酒のようにグラスを“迎えにいく”と、のどが絞まってしまい、いい喉越しは生まれません。背筋を伸ばし、脇をしめて飲む。この姿勢で飲むと、ビールのガスが適度に抜けてお腹がはりにくくなります。
ツイートツイート

ホーム > タグ > レシピ

検索
フィード
翻訳
Japanese flagEnglish flag

ページの上部に戻る