ホーム > タグ > Eclipse

Eclipse

[Android]NDKのインストール

MacOSXにインストールしたEclipseにAndroid NDKをインストールしたときのメモ。
(ndk-buildコマンド内でmakeコマンドを使用するため、Xcodeなどをインストールしておくこと)
Android NDK のダウンロード
NDKを適当なフォルダに格納する

  1. 下記のファイルをダウンロード
  2. ダウンロードしたファイルを解凍し、適当なフォルダに格納する(例:User/username/Developer)

CDT(C/C++ Development Tooling)のインストール

  1. 「ヘルプ」->「新規ソフトウェアのインストール…」を開く
  2. “作業対象:”に”Helios – http://download.eclipse.org/release/helios”を選択する
  3. 一覧が表示されたら「プログラミング言語」の中から下記のものにチェックを入れ、インストールする
    • C/C++ Development Tools
    • C/C++ Library API Documentation Hover Help (インキュベーション)

環境変数の追加

  1. .bash_profileを開く
    • vim ~/.bash_profile
  2. NDKの格納先を”PATH”に追加(例 NDK格納場所:/Users/username/Developer/android-ndk-mac)
    
    ANDROIDNDK_HOME=/Users/username/Developer/android-ndk-mac
    PATH=$PATH:${ANDROIDNDK_HOME}
    
    
  3. .bash_profileを再読込し、変更を反映させる
    • source ~/.bash_profile
  4. 環境変数が反映されているか確認する
    • printenv PATH
  5. (もし、そもそも環境変数”PATH”が存在してなかったら.bash_profileに下記の一文を最終行に追記する)
    
    export PATH
    
    

hello-jniライブラリのビルド

NDKに含まれるサンプルをビルドしてみて環境設定が整っていることを確認する。

  1. hello-jniのディレクトリに移動(例:/Users/username/Developer/android-ndk-mac/sample/hello-jni/)
    • cd /Users/username/Developer/android-ndk-mac/sample/hello-jni/
  2. ndk-build コマンドでビルドする(成功すると下記のような出力になる)
    
    Gdbserver      : [arm-linux-androideabi-4.4.3] libs/armeabi/gdbserver
    Gdbsetup       : libs/armeabi/gdb.setup
    Compile thumb  : hello-jni <= hello-jni.c
    SharedLibrary  : libhello-jni.so
    Install        : libhello-jni.so => libs/armeabi/libhello-jni.so
    
    
ツイートツイート

[Android]AVDの作成

Android SDK Add-onを追加
Add-onをインストールインストール済みパッケージで確認

  1. Sony Ericssonから下記のファイルをダウンロードする
  2. SHARPから下記のファイルをダウンロードする
  3. ダウンロードした4つのファイルを解凍し、SDKのAdd-onsにコピーする
  4. Eclipseの「Android SDK および AVD マネージャー」->「installed packages」の「インストール済みパッケージ」の欄に下記の項目が表示されていることを確認する
    • sharp_addon by SHARP Corporation, Android API 8, revision 2
    • sharp_addon by SHARP Corporation, Android API 7, revision 2
    • JN-DK01 by SHARP Corporation, Android API 4, revision 1
    • X10 by Sony Ericsson Mobile Communications, Android API 4, revision 1

AVD(Android Virtual Devices)の作成

  1. Android 1.6の仮想デバイスの作成
    • 名前: Xpreria_X10
    • ターゲット: X10(Sony Ericsson Mobile Communications) – API Level 4
    • SD Card: 1024 Mib
    • Skin: ビルトイン: X10
  2. Android 2.1の仮想デバイスの作成
    • 名前: NexusOne
    • ターゲット: Android 2.1-update1 – API Level 7
    • SD Card: 512 Mib
    • Skin: ビルトイン: WVGA800
  3. Android 2.2の仮想デバイスの作成
    • 名前: HTC_Aria
    • ターゲット: Android 2.2 – API Level 8
    • SD Card: 512 Mib
    • Skin: ビルトイン: HVGA
ツイートツイート

[Android]EclipseにADTを入れる

MacOSXに入れたEclipseにADT(Android Development Tools)をインストールしたときのメモ

Android SDK のダウンロード
Android SDKを適当なフォルダにコピー

  1. 下記のファイルをダウンロードする
  2. 解凍して適当なフォルダに格納する(例:/Users/username/Developer)

ADTのインストール
新規ソフトウェアのインストールを選択Androidのリポジトリーを追加すべて選択して次へ

  1. 「ヘルプ」->「新規ソフトウェアのインストール…」を開く
  2. 「追加」を押下し、「リポジトリーの追加」を表示する
  3. 下記の値を設定し、「OK」を押下する
    • 名前:Android
    • ロケーション:https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/
  4. 「インストール」Windowに戻ったら下記の値を設定する
    • 作業対象:Android
  5. 開発ツールにチェックを入れ、下記のすべてをインストールする
    • Android DDMS
    • Android 開発ツール
    • Android Hierarchy Viewer
  6. 完了時にEclipseの再起動を求められるので要求に従い、Eclipseを再起動する

Android SDKのインストール
SDKのパスを設定すべて選択してインストールすべて承諾しインストール

  1. 「Eclipse」->「環境設定…」を選択し、「Android」を選択する
  2. “SDK ロケーション”に格納したSDKを設定し、「OK」を押下(例:/Users/username/Developer/android-sdk-mac_x86)
  3. 「ウィンドウ」->「Android SDK および AVD マネージャー」を選択し、「Android SDK and AVD manager」を起動する
  4. 「Available packages」を選択し、すべて項目にチェックを入れる
  5. 「選択項目をインストール」を押下し、「Choose Packages to Install」画面に遷移する
  6. 「すべて受諾」を選択し、「インストール」を押下しインストールを行う
ツイートツイート

[Android]MacOSXにEclipseを入れる

Androidのアプリケーション開発のためEclipseをインストールメモ
Eclipseのインストール
インストールするファイルたちEclipseをアプリケーションフォルダにコピー

  1. Eclipse Classic をダウンロード
  2. 解凍してアプリケーションフォルダにコピー

Eclipseの日本語化
pleiadesのpluginsとfeaturesを使うpleiades内のplugins内のフォルダをEclipse内のplugins内にコピーpleiades内のfeatures内のフォルダをEclipse内のfeatures内にコピーEclipseのパッケージを開くContents/MacOSの中のeclipse.iniを編集するeclipse.iniの最終行に"-javaagent:../../../plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar"を追記

  1. pleiades をダウンロード
  2. 解凍してplugins,featuresをEclipseフォルダ内のそれぞれのフォルダにコピー
  3. Eclipseパッケージ内Contents/MacOSの中のeclipse.iniの最終行に下記内容を追記する
    • -javaagent:../../../plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar
ツイートツイート

ホーム > タグ > Eclipse

検索
フィード
翻訳

ページの上部に戻る