ホーム > 環境構築 > QEMUのコンパイル

QEMUのコンパイル

QEMUの最新版がほしかったので自分でコンパイルしてみたときのメモ。

  • コンパイル環境構築
    • MinGW+MSYS+zlib
      1. 猫科研究パック(msys_felidlabo_a007.7z)をダウンロード
      2. msys_felidlabo_a007.7zを解凍し、作成されたmsysフォルダをc:/などマルチバイト文字およびスペースを含まないパスに格納(例:”c:/msys”)
      3. msys/_felidlabo/04_gccinstall.batを実行し、GCCをインストール
    • coreutils-ext
      1. coreutils-5.97-3-msys-1.0.13-ext.tar.lzmaをダウンロード
      2. coreutils-5.97-3-msys-1.0.13-ext.tar.lzmaを解凍し、binの中をmsys/bin/にコピー(pr.exeは上書きでよい)
        ※.tar.lzmaの解凍方法がわからない場合は、7-Zipを使用する
        ※coreutils-extを入れないとQEMUのmakeで下記のエラーとなる

        /pc-bios/optionrom/signrom.sh: line 31: * 512 - 1 
        : syntax error: operand expected (error token is "* 512 - 1 ")
        make[1]: *** [multiboot.bin] Error 1
        rm multiboot.o multiboot.raw multiboot.img
        make: *** [romsubdir-optionrom] Error 2
    • SDL
      1. SDL-1.2.14.zipをダウンロード
      2. SDL-1.2.14.zipを解凍し、SDL-1.2.14フォルダをmsys/src/へ移動
      3. msys/msys.batを起動し、下記のコマンドでSDLをコンパイル
        /src/SDL-1.2.14/configure --prefix=/mingw --disable-shared
        make
        make install
  • コンパイル
    1. qemu-0.12.4.tar.gzをダウンロード
    2. qemu-0.12.4.tar.gzを解凍し、qemu-0.12.4フォルダをmsys/へ移動
    3. msys/msys.batを起動し、下記のコマンドでQEMUをコンパイル
      mkdir /home/***/QEMU
      /qemu-0.12.4/configure --prefix=/home/***/QEMU --target-list=i386-softmmu
      make
      make install
    4. /msys/home/***/QEMU/にコンパイルされた実行ファイル等が格納されている
ツイートツイート

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://mwlab.net/2010/07/qemu-compile.html/trackback
トラックバックの送信元リスト
QEMUのコンパイル - MoonWing より

ホーム > 環境構築 > QEMUのコンパイル

検索
フィード
翻訳
Japanese flagEnglish flag

ページの上部に戻る