ホーム > アーカイブ > 2014年12月のアーカイブ

2014年12月のアーカイブ

Minecraft用Ubuntuサーバーの作成(3)

前回SSHを導入したので、リモートで接続し、作業していきます。
(使用しているソフトはRLoginです。)

OracleJDKのインストール

Linux では基本的にOpenJDKをいれるけど今回はWindowsでも使っているOracleのJDKを入れてみます。
バージョンはMinecraft1.7.10を動かすのでJava7にします。本体はJava8でも動くけれどForgeがJava8だとエラーになるので。

$ sudo add-apt-repository ppa:webupd8team/java
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install oracle-java7-installer

(切り替えの必要がある場合は、update-alternatives –config java を実行する)

ユーザーの作成

Minecraft用のユーザーを作成します。

$ sudo adduser minecraft

パスワードの入力やユーザープロフィール入力が求められますので、適宜入力してください。

ユーザーの切り替え

ここからは、Minecraft専用の設定になりますので先ほど作ったユーザーに切り替えます。

master@MineCraft:~$su – minecraft

を実行すると下記のように表示が変わります。

minecraft@MineCraft:~$

次回からサーバーを設置していきます。

ツイートツイート

Minecraft用Ubuntuサーバーの作成(2)

ファイル転送も使いたいので操作は基本的にSSHを利用したリモート端末から行います。
そのためにOpenssh Serverをインストールしたいのでまず、最新のソフトウェアリストを取得します。

$ sudo apt-get update

Test-2014-12-08-16-27-50

すると、なにやら文字化けしています。
これはインストーラで日本語を選択した場合、コンソールでも各プログラムが日本語を出力しようとしますが、標準のコンソールでは日本語表示に対応していないためなのでまずはこれを直します。

コンソール画面の文字化け対応

コンソールで英語のメッセージを表示させるための設定を行います。

$ nano ~/.bashrc

nanoエディタで.bashrc開いたらファイルの末尾に下記を追記

case $TERM in
linux) LANG=C ;;
*) LANG=ja_JP.UTF-8 ;;
esac

Ctrl+Xキーを押し、画面の指示に従えば保存し終了

$ source ~/.bashrc

以上で英語のメッセージが表示されるようになったかと。

UbuntuServerを最新の状態に更新

コンソールの文字化けを英語出力に戻すことで回避したのでまず、Ubuntuを最新の状態に更新します。
必要ないですが、文字化けの対処できてることを確認するためもう一度下記のコマンドを実行します。

$ sudo apt-get update

Test-2014-12-08-16-09-06

英語表記になっていますね。
次に先ほど更新したリストに従い、更新のあったソフトウェアを下記のコマンドで最新の状態にします。

$ sudo apt-get upgrade

OpenSSH Serverのインストール

今回はLAN内で利用するサーバーなのでパスワード方式でログインできるように設定します。

まずは下記のコマンドでインストール

$ sudo apt-get install openssh-server

そして、念のためサーバーを再起動

$ sudo /etc/init.d/ssh restart

以上で、サーバーへSSHリモートログイン可能。
(設定ファイルがデフォルトのままなのでサーバーのログインパスワードでリモートログイン可能)

ツイートツイート

Minecraft用Ubuntuサーバーの作成(1)

PCが1台開いたのでMinecraftのLocalサーバーにしようと思う。

サーバーにするPCの構成は下記の通り

OS Ubuntu Server 14.04
CPU Intel Core 2 Duo E4500 @2.20GHz
Memory 4GB
HDD 1TB

ということで早速OSのインストール。
今回はUbuntuServer14.04を使います。

ISOをダウンロードしDVD-Rに焼いてサーバーでBootさせます。

Test-2014-12-08-09-40-04
上記の画面になりますので日本語を選択して[Enter]

Test-2014-12-08-09-42-20
Ubuntu Serverをインストールを選択して[Enter]

Test-2014-12-08-09-42-36
確認画面が表示されるが、今回は続行するので[はい]

Test-2014-12-08-09-42-48
日本を選択して[Enter]

Test-2014-12-08-09-42-55
日本語を選択して[Enter]

Test-2014-12-08-09-43-02
お使いのキーボードを選択して[Enter]
(通常は日本語)

Test-2014-12-08-09-44-45
ホスト名を入力し[続ける]
(これはWindowsでいうコンピュータ名です。今回はMineCraft)

Test-2014-12-08-09-45-22
ユーザー名の入力し[続ける]
(今回はmaster)

Test-2014-12-08-09-46-00
アカウント名の入力し[続ける]
(今回はmaster)

Test-2014-12-08-09-46-08
パスワードを入力し[続ける]

Test-2014-12-08-09-46-25
パスワードを再入力し[続ける]

Test-2014-12-08-09-46-36
簡単なパスワードを入力した場合、確認画面が表示されます

Test-2014-12-08-09-46-49
ゲームデータしか入れないので今回は暗号化しないので[いいえ]

Test-2014-12-08-09-48-24
今回は、自動検出のタイムゾーンで正しいので[はい]

Test-2014-12-08-09-48-49
ガイド – ディスク全体を使いLVMをセットアップするを選択して[Enter]
(HDDはUbuntu専用かつ増設の可能性も考えてLVMを使ってインストール)

Test-2014-12-08-09-52-20
ディスクを選択し[Enter]

Test-2014-12-08-09-52-28
問題なければ[はい]

Test-2014-12-08-09-52-56
容量設定画面。適切な値を入力し[続ける]
(スクリーンショットは解説用VM環境のためHDDが20GBの設定のため21.2GBという少なさです)

Test-2014-12-08-09-53-09
問題なければ[はい]

Test-2014-12-08-09-55-50
Proxyの設定を入力し[続ける]

Test-2014-12-08-09-57-47
自動的にアップデートしないを選択し[Enter]
システムのアップデートは基本手動で行います。

Test-2014-12-08-09-58-09
すべて未選択で[続ける]
(1つ1つ確認しながら入れるためすべて未選択)

Test-2014-12-08-10-02-08
[はい]

Test-2014-12-08-10-02-23
[続ける]

以上で、UbuntuServerをインストール完了です。次から環境構築していきます。

ツイートツイート

ホーム > アーカイブ > 2014年12月のアーカイブ

検索
フィード
翻訳
Japanese flagEnglish flag

ページの上部に戻る