ホーム > アーカイブ > 2011年5月のアーカイブ

2011年5月のアーカイブ

[ZCFS]ZenCoding for SakuraEditor Ver 0.0.5

ZenCoding for SakuraEditor を更新しました。

更新内容

  • CSSの展開機能が使えるように修正

Download(Zen.Coding-SakuraEditor.v0.0.5.zip)

CSSの展開機能を使用するには、タイプにCSSを追加して、タイプの適用拡張子がcssであることと、
編集対象ファイルの拡張子がcssであることが判定条件となっています。
近いうちに設定方法を載せたいとは思いますので少々お待ちください。

ツイートツイート

サクラエディタの更新ツールでv2系をチェックするように設定

「サクラエディタ」も内部文字コードをUnicodeにしたv2系が正式にリリースされました。
それに伴い、インストール支援ツール「SakuraDown」でもv2系をチェックできるように設定を変更してみたのでメモ。

ダウンロード先などを記述している「DownInfo.ini」のセクション[EDITOR]と[HELP]のところを下記のように編集する。

[EDITOR]
;ReleaseURI=http://sourceforge.net/api/file/index/project-id/12488/rss?path=%2Fsakura
ReleaseURI=http://sourceforge.net/api/file/index/project-id/12488/rss?path=%2Fsakura2
;FileRegExp=\d\.\d\.\d\.\d/sakura_[^\/\?<>=]+\.zip
FileRegExp=\d\.\d\.\d\.\d/sakura2[^\/\?<>=]+\.zip
ReleaseFindingPolicy=FROM_LAST
;DownloadURI=http://@MIRROR.dl.sourceforge.net/project/sakura-editor/sakura/@FILE
DownloadURI=http://@MIRROR.dl.sourceforge.net/project/sakura-editor/sakura2/@FILE
ReleaseType=SITE_SOURCEFORGE
;WildName=sakura_????-??-??*.zip
WildName=sakura2*.zip

;ヘルプファイル
[HELP]
;ReleaseURI=http://sourceforge.net/api/file/index/project-id/12488/rss?path=%2Fhelp
ReleaseURI=http://sourceforge.net/api/file/index/project-id/12488/rss?path=%2Fhelp2
;FileRegExp=\d\.\d\.\d\.\d/help_[^\/\?<>=]+\.zip
FileRegExp=\d\.\d\.\d\.\d/help2[^\/\?<>=]+\.zip
ReleaseFindingPolicy=FROM_LAST
;DownloadURI=http://@MIRROR.dl.sourceforge.net/project/sakura-editor/help/@FILE
DownloadURI=http://@MIRROR.dl.sourceforge.net/project/sakura-editor/help2/@FILE
ReleaseType=SITE_SOURCEFORGE
;WildName=help_????????*.zip
WildName=help2*.zip

正規表現ライブラリもUnicode版を利用するように「DownInfo.ini」のセクション[BREGEXP]のところを下記のように編集する。

[BREGEXP]
ReleaseURI=http://homepage3.nifty.com/k-takata/mysoft/bregonig.html
;FileRegExp=bron[0-9]+\.zip
;FileRegExp=bron2[0-9]+\.zip
FileRegExp=bron3[0-9]+\.zip
;DownloadURI=http://homepage3.nifty.com/k-takata/mysoft/@FILE
DownloadURI=http://cloud.github.com/downloads/k-takata/bregonig/@FILE
ReleaseType=SITE_NORMAL
WildName=bron???.zip;bron???.lzh

拡張子関連づけツールおよびサクラダウンは使用可能かどうかわかりませんが、とりあえず取得できるように「DownInfo.ini」のセクション[SAEXT]と[SDOWN]のところを下記のように編集する。

;拡張子関連づけツール
[SAEXT]
;ReleaseURI=http://sourceforge.net/apps/trac/sakura-editor/wiki/ExtTools
ReleaseURI=http://sourceforge.net/api/file/index/project-id/12488/rss?path=%2Fwiki
ReleaseFindingPolicy=FROM_LAST
;FileRegExp=SakuExt-[0-9\.]+.zip
FileRegExp=SakuExt[^\/\?<>=]+\.zip
;DownloadURI=http://sourceforge.net/apps/trac/sakura-editor/attachment/wiki/ExtTools/@FILE
;ReleaseType=SITE_NORMAL
DownloadURI=http://@MIRROR.dl.sourceforge.net/project/sakura-editor/wiki/@FILE
ReleaseType=SITE_SOURCEFORGE
WildName=SakuExt*.zip

;サクラダウン
[SDOWN]
;ReleaseURI=http://sourceforge.net/apps/trac/sakura-editor/wiki/SakuraDown
ReleaseURI=http://sourceforge.net/api/file/index/project-id/12488/rss?path=%2Fwiki
ReleaseFindingPolicy=FROM_LAST
;FileRegExp=SakuraDown[0-9]+[a-z]+.exe
FileRegExp=SakuraDown[^\/\?<>=]+\.zip
;DownloadURI=http://sourceforge.net/apps/trac/sakura-editor/wiki/SakuraDown/@FILE
;ReleaseType=SITE_NORMAL
DownloadURI=http://@MIRROR.dl.sourceforge.net/project/sakura-editor/wiki/@FILE
ReleaseType=SITE_SOURCEFORGE
WildName=SakuraDown*.exe

正しくないところがあると思うけれど、一応これで動いたので、暫定対応ってことで自己責任でお願いします。

>>記事更新(2012/10/13)
helpファイルと正規表現ライブラリの取得を更新しました。

>>記事更新(2012/11/18)
拡張子関連付けツールとSakuraDownの取得がエラーとなっていたので修正しました。

>>記事更新(2012/12/07)
正規表現ライブラリの取得がエラーとなっていたので修正しました。

ツイートツイート

[CGE]CGEffecterおにぎりv1.13

v1.13βの修正分はv1.14に繰り越して、ANSIの最終版として再度v1.12からv1.13を起こしました。
Win98(Not 98SE)で動作を確認したところPNGの保存時にメモリアクセスエラーを起こしていたので一応対応しました。

このバージョンでWin98,WinMe,Win2000のサポートは最後となります。
次のv1.14からは一応WinXp,WinVista,Win7を対象として作成しますので、少なくともWin98では起動できなくなります。
一応、配布ここで続けるつもりですが、Vectorで公開を続けるかは明言を避けさせてください。
(必要であればバックアップを行ってください。v1.13については再配布してもかまいません。)

Download(CGEffecter.zip)

v1.12からv1.13への更新内容は下記の通りです。

  • クリップボードへの格納形式をDIBからBitmapに変更
  • Win98上でPNG形式で保存時にメモリアクセスエラーが発生するのを回避
ツイートツイート

Dynabook C7にLubuntu 11.04をinstall

Lubuntu-Lxlauncher


前回Ubuntu Netbook Edition 10.10をインストールしたけれど、動作も重く使い勝手に問題が出ていたので変更。
Lubuntu はUbuntuベースのデスクトップをGnomeからLXDEに変更したもの。
一昔のPCで使うには軽量で定評のあるLXDEなうえに、ネットブックに仕えるLauncherも入っていて古めのPCなのにスタイリッシュな一味違うPCに変貌します。

Lxlauncherが自動起動しなかったので下記のようにファイルを用意して、再起動。
/home/<username>/.config/autostart/lxlauncher.desktop

[Desktop Entry]
Encoding=UTF-8
Name=Lxlauncher
Comment=LXDE launcher
Exec=/usr/bin/lxlauncher
Terminal=false
Type=Application
Icon=
Categories=Application;System;
ツイートツイート

ホーム > アーカイブ > 2011年5月のアーカイブ

検索
フィード
翻訳

ページの上部に戻る