ホーム > ライフハック > 会議時間を効率的に短縮する4つのコツ

会議時間を効率的に短縮する4つのコツ

Extreme Ways to Shorten and Reduce Meetings

  1. ストップウォッチで残り時間を測る

    会議時間をストップウォッチで測ることで、参加者に時間を意識させ、議題に集中するように促す。
    米誌「BusinessWeek」の記事によると、米Googleの会議では、大きいタイマーをプロジェクターで映し出すのが恒例だとか。
    おかげで、会議時間が延長することはあまりないそう。

  2. 椅子をなくし、立ち会議にする

    非効率な会議を避けるためには、全員が立ったままで会議するのも一法。
    長時間立っているのは大変なので、会議の効率性も上がり、会議時間も従来の半分程度で済むそう。
    一時期話題にもなった『椅子とパソコンをなくせば会社は伸びる! 』でも紹介されているように、
    大幅な業績アップを実現したキヤノン電子も「立ち会議」を実践している例。

  3. 会議中の「内職」を禁止する

    ラップトップPCやスマートフォンをチェックするなど、会議中に「内職」することを禁止し、会議に集中させるようにする。
    会議参加者の携帯電話を会議前に回収するという荒業も、ときには手。

  4. 30分以上の会議は設定しない

    会議は30分以内で設定。議題を明確にして議論を進めるようにする。
    この方式をうまく活用している例としては米ウェブアプリ開発会社「37Signals」がある。

ツイートツイート

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://mwlab.net/2010/03/%e4%bc%9a%e8%ad%b0%e6%99%82%e9%96%93%e3%82%92%e5%8a%b9%e7%8e%87%e7%9a%84%e3%81%ab%e7%9f%ad%e7%b8%ae%e3%81%99%e3%82%8b4%e3%81%a4%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%84.html/trackback
トラックバックの送信元リスト
会議時間を効率的に短縮する4つのコツ - MoonWing より

ホーム > ライフハック > 会議時間を効率的に短縮する4つのコツ

検索
フィード
翻訳
Japanese flagEnglish flag

ページの上部に戻る