ホーム > ライフハック > おいしい紅茶を作る技「5ステップ」

おいしい紅茶を作る技「5ステップ」

普段、紅茶を入れる時に使える、おいしい紅茶の入れ方をどうぞ。

  1. お湯の温度
    紅茶の場合、紅茶のおいしさを構成する成分を抽出するため、5円玉大の泡がグラグラ煮えたぎるほどの熱湯がベスト。ちなみに、日本の水は紅茶に合う軟水なので水道水で十分なのだとか。
  2. 食器
    ポットやカップなどを事前に温めておく。あくまでできるだけ熱いお湯で紅茶を抽出することが目的なので、ポットで作るときはポットを、直接カップで抽出するときはカップを、少量のお湯を全体に行き渡らせるように温める。
  3. ティーバッグの使い方
    おいしい紅茶を作るなら、1杯(200ml)につき“1ティーバッグ”がで作る。ティーバッグは短時間で色・味・香りをしっかりと抽出できるよう、特別に製造されたものなので。
  4. 抽出の仕方
    ティーバッグを強く動かすと、おいしい成分より先に色だけが出てしまう。抽出のポイントは「ティーバッグは動かさずに、フタをして最低1分間」。
  5. 飲み方
    熱湯で紅茶を作ったら、自分の心地よいという温度まで待つ。ミルクティー好みの人は、ここで冷たい牛乳を加えるのがベスト。ミルクティーのミルクは温めないのが鉄則
ツイートツイート

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://mwlab.net/2010/03/%e3%81%8a%e3%81%84%e3%81%97%e3%81%84%e7%b4%85%e8%8c%b6%e3%82%92%e4%bd%9c%e3%82%8b%e6%8a%80%e3%80%8c5%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%83%e3%83%97%e3%80%8d.html/trackback
トラックバックの送信元リスト
おいしい紅茶を作る技「5ステップ」 - MoonWing より

ホーム > ライフハック > おいしい紅茶を作る技「5ステップ」

検索
フィード
翻訳
Japanese flagEnglish flag

ページの上部に戻る