ホーム > ライフハック > おいしいビールを飲む技「5ステップ」

おいしいビールを飲む技「5ステップ」

喉越しのいいおいしいビールの飲み方をどうぞ。

  1. グラスの選び方
    ビールをよりおいしくするグラスの黄金比は、口径と高さの比が1:2。ロックグラスのような背が低いものでは泡が立ちにくく、高すぎると泡が立ち過ぎてしまう。もちろん、ビールの特性に合ったグラスを選ぶのが一番だが、一般的なビールでは“1:2”のグラス。
  2. グラスの洗い方
    油汚れを落としたスポンジで洗うと、油がグラスに残ってしまうことがあり、これが泡が早く消える原因になる。また、あらって布巾などで拭かずによくすすいで逆さに伏せて自然乾燥すれば、手の脂も付いていないピカピカグラスが出来上がる。
  3. 冷やし方
    ビールの飲み頃の温度は6~8℃。よくグラスを「冷凍庫」に冷やす人がいるが、反対に冷やし過ぎは味がにごったり、味がわかりにくくなる。缶ビールもグラスも「冷蔵庫」で冷やすのがオススメ!
  4. 注ぎ方
    極意は、“3度注ぎ”。

    1. 勢い良く注ぐ1/2程度注ぐ
    2. 泡が落ち着くまで待つ
    3. 泡を持ち上げるようにゆっくり2/3まで注ぐ
    4. 泡が落ち着くまで待つ
    5. 最後に泡が盛り上がり「理想的なビールと泡の比率 7:3」なるまで注ぐ
  5. 飲み方
    日本酒のようにグラスを“迎えにいく”と、のどが絞まってしまい、いい喉越しは生まれません。背筋を伸ばし、脇をしめて飲む。この姿勢で飲むと、ビールのガスが適度に抜けてお腹がはりにくくなります。
ツイートツイート

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://mwlab.net/2010/03/%e3%81%8a%e3%81%84%e3%81%97%e3%81%84%e3%83%93%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%92%e9%a3%b2%e3%82%80%e6%8a%80%e3%80%8c5%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%83%e3%83%97%e3%80%8d.html/trackback
トラックバックの送信元リスト
おいしいビールを飲む技「5ステップ」 - MoonWing より

ホーム > ライフハック > おいしいビールを飲む技「5ステップ」

検索
フィード
翻訳
Japanese flagEnglish flag

ページの上部に戻る