ホーム > ライフハック > USBメモリ起動対応「ChromiumOS Zero」

USBメモリ起動対応「ChromiumOS Zero」



100119chromeos_zero.jpg

Googleが開発中のウェブベースネットブックシステムのオープンソースビルドChromiumOSのサムドライブ対応版が完成しました。

Hexxehという名のハッカー作。彼の最新ビルド『ChromiumOSZero』はChromeアドオンサポート、スピード起動、その他が追加された秀作。彼自身によるアップデートの正式なリストはこちら

ブロードコムベースのWi-Fiによるスピードロスや、OSの核となるChromiumブラウザが改善されています。
しかも、ビルド自体は1GBのUSBドライブに入るというコンパクトさ
このリリース以降の更新は自動的にアップデートされるというおまけつき。

HexxehのサイトからBitTorrent、もしくは「Mirror」からでダウンロード出来ます。『ChromiumOSZero』を試してみたいけど…と尻込みしていた方もUSBからなら気楽に試してみることができそうです。

サムドライブからHexxehベースビルドを起動させる方法は過去記事「GoogleChromeOSをUSBメモリから起動する方法」をご覧下さい。

『ChromiumOSZero』はMac以外のシステムで(通常)起動可能なフリーダウンロードです。

Chromium OS Builds by Hexxeh[viaDownload Squad]

Kevin Purdy(原文/まいるす・ゑびす)

ツイートツイート

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://mwlab.net/2010/02/usb%e3%83%a1%e3%83%a2%e3%83%aa%e8%b5%b7%e5%8b%95%e5%af%be%e5%bf%9c%e3%80%8cchromiumos-zero%e3%80%8d.html/trackback
トラックバックの送信元リスト
USBメモリ起動対応「ChromiumOS Zero」 - MoonWing より

ホーム > ライフハック > USBメモリ起動対応「ChromiumOS Zero」

検索
フィード
翻訳
Japanese flagEnglish flag

ページの上部に戻る